輪島塗 / 富嶽三十六景漆絵盃
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

輪島塗 / 富嶽三十六景漆絵盃

¥165,000 税込

送料についてはこちら

BIOGRAPHY : 甚松屋蒔絵店 中島和彦  略歴 1962年 輪島市に生まれる 1981年 輪島実業高等学校卒業後 父・二代目 中島九香(松郎)に師事 1985年 県立漆芸技術研修所卒業 1987年 石川の伝統工芸展入選 1993年 個展・漆絵の会活動をはじめ、現在に至る 2006年 「家庭画報 International_Edition」誌で、    プロフィールと作品が海外向けに紹介される 2007年 NHK番組「美の壺」で精緻な蒔絵技法として     放送され、NHK出版の「美の壺」 アート鑑賞マニュアルにも掲載される COMMENT : 輪島にて木地師、下地師、上塗師、蒔絵師の四名によって 手掛けられた作品。真上から見た時に平面の絵に見えるよう あらゆる線の尺度を調整し、円形の盃の中に移し置き換えてます。 MATERIAL : 口径 / 11.5cm 高さ /4cm COLOR : 漆絵 *当店では商品を実店舗と在庫を共有しております。 その為、ご注文後に在庫切れが発生する場合がございます。在庫切れの際には、メールにてご連絡させていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますが、あらかじめご了承の上ご利用お願いいたします。